安全に小顔を目指せる【切らない小顔矯正施術方法】

安全に小顔を目指せる【切らない小顔矯正施術方法】

脂肪溶解注射の利点

医者

脂肪溶解注射の料金相場

多くの人が憧れる小顔ですが、骨を削ってまで小顔になりたいと願う人は多くありません。そこで近年美容整形クリニックでは、多種多様な切らない小顔矯正施術を打ち出しています。手軽に受けられて、特に脂肪が気になる人に適する小顔矯正施術は、脂肪溶解注射です。脂肪溶解注射は、顔の脂肪が気になるところに打つと脂肪を分解して溶かし排出してくれるものです。主成分は大豆レシチンから取ったホスファチジルコリンで、元来高脂血症や脂肪肝、動脈硬化症などの治療で使われていました。この成分は人の細胞壁にも含まれているので、副作用は少ないです。それでも、注射直後では熱感やチリチリとした痛み、その後は鈍い痛みが出る可能性はあります。また、注射の跡が内出血を起こす可能性もありえます。大豆が由来の成分のため、アレルギーがないか事前にパッチテストを実施することがほとんどです。施術時間は5分から10分程度で、効果が現れ始めるのは3日後くらい、1週間以内には作用すると言われています。長い施術実績のあるヨーロッパでも医療機関において事故が起こったことはほとんどありません。手軽に受けられて落としにくい顔の脂肪が落とせるとあって、人気の小顔矯正施術となっています。脂肪溶解注射と言っても、クリニックによって使用する製剤が違い、価格が異なります。しかし小顔矯正施術の場合、体の痩身施術より使用する製剤の量が少ないので、そこまで費用の開きは大きくないでしょう。小顔矯正施術に使われる薬剤は、主に大豆成分の他、植物由来成分をブレンドしたBNLSという製剤です。体に使用される製剤と比べると腫れが抑えられるという利点があります。しかしその分効果が若干弱いので、腫れない程度にDOC(デオキシコール酸)という薬剤を配合したBNLS neoも登場しています。BNLSの料金は1cc当たり3千円から6千円が目安で、BNLS neoの料金は1cc当たり4千円から7千円です。小顔矯正施術では、その人の脂肪量に合わせて打つ量が決められます。ただ、顔へ注射する場合の一度の最大使用量は2ccから8ccとなっています。そして、一度の注射で効果が実感できた人は少ないです。多くの人は2回から4回は注射していると言われます。ただし、脂肪溶解注射を打って現れた効果は持続するとされており、経験者の満足感は概ね良好です。事前のカウンセリングで何回の注射が必要なのかなど、医師としっかりと話し合うことが大切です。中には脂肪溶解注射よりも脂肪吸引の方が費用が安くなる場合があります。

Copyright© 2018 安全に小顔を目指せる【切らない小顔矯正施術方法】 All Rights Reserved.