根本的なたるみ引き上げ|安全に小顔を目指せる【切らない小顔矯正施術方法】

安全に小顔を目指せる【切らない小顔矯正施術方法】

根本的なたるみ引き上げ

顔に触れる女性

美容機器で切らない施術

小顔の人気は治まらず、美容クリニックでも小顔矯正施術は根強い人気です。年齢を重ねるとフェイスラインの崩れが目立ってくることが多く、たるみの引き上げを目的にした美容機器も続々と開発されています。リフトアップのための最新美容機器は、超音波をSMAS筋膜に照射することでコラーゲンの産出を大きく増やし、たるみの原因となっていた組織を加熱収縮させ引き上げるという仕組みです。SMAS筋膜とは筋肉の上に薄く被っている層、かつ皮下脂肪層の下にある層です。ここがたるみの根本的な原因と考えられていますが、元来フェイスリフトという外科手術でしか届かなかった層にアプローチできるようになったのです。この小顔矯正は、診察の後洗顔し、照射する箇所を決めながらマーキングしてから施術に入ります。麻酔するほどではないものの、最大パワーで照射すると痛みを感じる場合があります。それから、全顔だけでなく必要な箇所だけでも照射できますし、他の高周波治療や注入治療、レーザー治療などと組み合わせることも可能です。ダウンタイムを必要としないので、施術後はすぐにメイクをして帰れます。このリフトアップ効果は施術1ヵ月後くらいから出ることが多く、半年から1年は効果が続くとされています。切らない小顔矯正施術は周囲に整形がばれなかったりダウンタイムが必要なかったりと、メリットの大きい施術です。しかし、その一方で期待通りの効果が得られない人もいるということは頭に入れておいてください。確実にリフトアップしたい場合は、メスを入れて糸で引き上げるなどの整形手術の方が確実で、一般的に効果も長続きします。それから、たるみが原因で無い場合の小顔矯正施術には、エラやあご、頬骨を削る外科手術のほか、脂肪吸引やボトックス注射などもあります、骨格自体が小顔を阻んでいるのなら、外科手術が必要ですし、ダイエットしても顔の肉が落ちない場合は脂肪吸引が最適です。また、ボトックス注射が有効なのは、頬の筋肉が発達している人です。ただ、それぞれにメリットとデメリットがあります。例えば骨を削る手術を受けるとなると劇的な変化が望めそうですが、大胆に削ると命に関わる可能性があるので、少ししか削れない場合も少なくありません。自分の悩みと希望を明確にした上でカウンセリングを受けて、医師のアドバイスをもらうといいでしょう。多くのクリニックではシミュレーション画像で仕上がりイメージを提示してくれるので、希望とかけ離れた結果にはなりにくいです。

Copyright© 2018 安全に小顔を目指せる【切らない小顔矯正施術方法】 All Rights Reserved.