安全に小顔を目指せる【切らない小顔矯正施術方法】

様々な矯正方法

カウンセリング

適した方法を選ぶのが大事

小顔矯正を図る整形手術には、様々な手法があります。顔が大きく見える原因は人によって違うので、自分の原因を突き止めて小顔矯正を図るのが効果的です。骨格自体が大きければ骨を削る手術が適しており、あご骨削りやエラ骨削り、頬骨削りなどが適用されます。あごの骨が長すぎたり出すぎたりしている人に適するあご骨削りの手術は、口の内側から切開して骨を削るので傷跡が目立ちません。エラ骨削りも同様に口腔内からの切開で、頬骨削りは口腔内か耳の横の生え際から切開します。骨格はそうでもないが脂肪が多い場合は、脂肪吸引が適当です。耳たぶの裏や鼻の中から極細いカニューレを入れて脂肪を吸い出すため、こちらも傷は目立ちません。それから、筋肉が張っている場合はボトックス注射が適します。エラが張っていると感じていても、実は骨格でなく咬筋の発達が原因の場合もあります。筋肉の動きを弱める作用があるボトックス注射を打つことで咬筋が緩み、小顔にすることが可能です。そして、皮膚のたるみが原因の場合は、超音波マシン施術が適します。外科手術でしか届かない肌の深い部分にあるSMAS層に超音波を当てることでタンパク質を引き締めコラーゲンを増やします。それによって、リフトアップができるという仕組みです。小顔矯正のための施術を医師に相談する前にどの程度に変わりたいのか、どこに問題を感じているのかなど、しっかりと自分の希望をまとめることが大切です。整形のレベルがはっきりしていないと、手術後にイメージと違うという問題が起こる可能性があります。仕上がりに高いレベルを求めるのであれば、高い技術を持った医師を選ばなくてはならないでしょう。ですから、安易にクリニックを決めずに、じっくりと比較検討することが重要です。クリニックにカウンセリングの予約を入れるときは、予約フォームや電話で入れますが、電話のほうがスムーズな場合が多いです。カウンセリングでは、自分の希望や悩みを伝えつつ、ドクターのアドバイスに耳を傾けてください。希望の小顔矯正方法が決まっていたとしても、自分に最適な方法だとは限りません。多くのドクターは患者さんに一番適した方法を提示してくれます。その提案によって費用が予算を上回るようなら、考え直すことも必要です。カウンセリングを受けたからと言って、施術しなくてはならないわけではありません。施術方法が決まったら、注意点やリスクについても理解した上で予約を入れます。特に骨切り手術はダウンタイムが長いので、術後のスケジュールなども考えて手術日を決めます。

Copyright© 2018 安全に小顔を目指せる【切らない小顔矯正施術方法】 All Rights Reserved.